ピアノ曲

ピアノ曲

2021/8/22

ブルグミュラー25の練習曲より第6番「進歩」 解説・解釈・練習法

第6番「進歩」 4分の4拍子・ハ長調(調号なし) <学習ポイント> 10度の並行スケール(音階)・変則アクセント   またまたスケール(音階)の練習 この曲も5番「無邪気」同様、音階の練習です。 ただし、5番よりグレードアップしております。 5番の場合は、右手がスケールを弾く時は左手は和音を伸ばすだけなので、スケールに集中できましたが、6番の場合は「両手一緒にスケール」になっておりますのでスケールの難易度がアップしております。 速さもModerato(中庸に)からAllegro(速く)にアップ。 ...

ピアノ曲

2021/8/15

ブルグミュラー25の練習曲より第5番「無邪気」解説・解釈・練習法

第5番無邪気(Innocence) 4分の3拍子・ヘ長調 <学習ポイント> 指くぐり(つまり音階)・スラー・スタッカート・16部音符の連続を一息で弾く練習。   曲のタイトルについて Innocenceは「無邪気・純真・単純・無実」など色々な意味がありますが、子供用の曲ですし、曲想から考えても子供の純真さ・素直さを表している曲と考えます。 ただ、「無邪気な子供って・・」って色々考えてしまいました。 言うほど子供って単純じゃないし、結構ドロドロしてたりもするし、意地悪だったりもするしとか・・・ 恐 ...

ピアノ曲

2021/8/9

ブルグミュラー25の練習曲より「小さなつどい」解説・解釈・練習法

第4番「小さなつどい」 曲名は版によって「小さな集会」「子供の集会」など色々 4分の4拍子。ハ長調 <学習ポイント> 3度・6度の重音の連続 題名について 版によって色々と名題が変わるのは訳し方によるものです。 原題は「La petite reunion」 Deeplの訳によると「小さな会議」「小会議」「少人数のミーティング」と出てきたので、ただ集まって遊んだりおしゃべりしたりというよりは何かのお話し合いのような印象があります。 子供たちがちょっと真面目な顔をして学級会でも開いているような感じでしょうか。 ...

ピアノ曲

2021/8/6

ブルグミュラー25の練習曲より3番「牧歌」 解説と練習法

第3番「牧歌」 8分の6  ト長調 <学習ポイント> 装飾音(小さい飾りの音)・和音の保持 牧歌ってなに? この曲をやる時に生徒にこんな質問をしています。 「アルプスの少女ハイジ知ってる?」 これね、一昔前だったら、結構皆「しってるー」とか言ってくれて「うふふ あんな感じの風景をイメージしてねー」なんて会話が盛り上がりました。 ただ、今は「知らない」と言われることが多いです。もうハイジは一般的ではないようです。 うさこ家庭教師のトライのやつだ それだとちょっとイメージちがうねぇぴよこ 牧歌(パストラル)は ...

ピアノ曲

2021/8/5

ブルグミュラー25の練習曲より第2番「アラベスク」

アラベスクとは まず、「アラベスク」とはなんのことかというと建築様式や装飾に見られるアラビア風のデザインのことをいいます。 唐草模様とよく説明されますが、ただね、日本でその説明をされてしまうとこういうイメージが思い浮かびませんか?     これではブルグミュラーどころか、ドビュッシーもシューマンも泣きます。この二人も「アラベスク」というそれは素敵な曲を作っていますから。   ではどんな模様かというとこういう感じです。 音楽においては細かい音形の連続が、音を紡いでいくかのような ...

素直な心

ピアノ曲

2021/8/4

ブルグミュラー25の練習曲より第一番「素直な心」

この曲のポイント   この曲のテーマは「スラー」です。 このブルグミュラー25番の曲集の中で最も弾きやすいと言えるでしょう。 右手のスラーに集中しやすいように、左手の動きはそれほど複雑ではありません。 静かな和音でそっと支える感じ。 この曲は運指が両手とも「5321」のパターンが多く、音は違えど同じ動きをするので弾きやすいです。 ブルグミュラーさんの初学者に対する配慮が感じられます。   子供に「素直な心」という曲のイメージを聞いてもおそらくピンと来ないと思うので、あまりタイトルに関し ...

ピアノ曲

2020/8/12

タランテラって曲いっぱいあるある!

タランテラって何? タランテラという曲の名前はピアノやっている方なら一度はきいたことがあると思います。 ちゃんと辞書で調べるとこう書いてあります。 タランテラ(tarantella) 急速な8分の6拍子のナポリの舞曲。この名はイタリア南部の地名タラントから、あるいは毒蜘蛛のタランチュラにかまれた時に、この踊りを踊ると治るという伝説から生じたと言われる。19世紀中期にはリスト、ショパンなどが芸術的音楽を作曲している。引用元:新音楽辞典(音楽の友社) タランテラの由来については調べれば調べるほど諸説があるので ...

ピアノ曲

2020/6/29

【ピアノ】ショパンの幻想即興曲が弾きたい

ショパン作曲「幻想即興曲」 美しい曲ですね。 この曲に憧れる生徒さんの多いこと。 子供達がこの曲に取りかかる時はこれから半年以上かけてこの曲に挑戦する!という状態で発表会に弾くパターンが多いです。 動画はシプリアン・カツァリスというピアニストです。おそらく「ショパン 幻想即興曲」とYoutubeで検索すれば日本人のピアニストや今話題のピアニストがすぐに出てくると思いますので、私はあえてカツァリス氏のショパンを挙げました。 個人的にとても好きなピアニストです。ユーモアもありながらちょっと悪魔的な魅力もあった ...

© 2021 ピアノ講師ぴちち先生の五感 Powered by AFFINGER5