月別アーカイブ:2016年06月

よくある質問

2020/7/4

通常のレッスン以外のお礼について

「いつもより多くレッスンしてもらったけど、お礼ってした方がいいのかしら?」   講師の立場である私からこの話題をするのもなんだか気がひけるというか、図々しい感じもするのですが、多くのお母様達がとても悩まれる事柄なのであえて触れてみたいと思います。 例えば発表会、コンクール等で通常のレッスンより多くみてもらった場合、月謝を多く包んだ方がいいのか、後からお礼をした方がいいのか、お礼をする場合は現金だと失礼なのか、品物がいいのか、等多種多様に悩まれている記事をネットでよく見ます。 私の幼少の頃は、最初は個人では ...

よくある質問

2020/7/3

【ピアノ】コンクールってどんなもの?

「発表会とコンクールってどう違うんですか?」 これも時々質問されます。 発表会は学校の運動会、コンクールは学校外での陸上記録会みたいなもの と思って頂ければいいでしょうか(ちょっと違う?)。 発表会はあくまで通っている教室での発表の場であって、弾く曲も自由だしレベル関係なく日頃の練習の成果を披露する場。 コンクールは教室を飛び出して見ず知らずの同学年の子達と「賞」を競うものです。 学年によって課題曲・自由曲など決められており、誰でも参加できるほど簡単な曲は用意されていません。 「地区予選の上位入賞者は本選 ...

よくある質問

2020/7/3

ピアノを習い始めるには何歳から?

「ピアノは何歳くらいから始めるのがいいでしょうか?」 これ、結構悩みますよね。 「早ければ早いほどいい」という方や、「4〜5歳が一番いい時期」等様々な意見が聞かれます。 グループレッスンか、個人レッスンでも変わってきます。 私は個人レッスンしかしていないので、そこからの視点で書いていきます。 「早ければ早いほどいい」と考えておられる方の中で1歳半の女の子を申し込まれた事がありました。 さすがに早いです。 私は一番早くて3歳のお子さんからレッスンしていますが、3歳だからということではなくて 「数字を10まで ...

よくある質問

2020/7/4

四分音符ってどれくらいの長さなんですか?

「四分音符ってどれくらいの長さなんですか?」 この質問を最初にされた時、正直驚きました。なぜなら先生やるまで一度も考えた事がなかったからです。と、同時に「楽譜って難しくてわからない」と言ってる方の事がとても納得できました。なるほど、そこを考えていたら確かにわからないよなーと。 で、四分音符ってまずこれです。 なんと驚く事に四分音符は長さが決まってません! とりあえず、4つ並んでたら4回手で叩いてみましょう。でも「基準がないと困るんだけど!」となる場合は 「カエルの歌」のお歌に合わせて手を叩いてみましょう。 ...

よくある質問

2016/6/5

大人からでもピアノはうまくなる?

「大人からピアノを習い始めるってもう遅いでしょうか?」 こういう声をよく聞きます。 で、大抵「大丈夫!」「ピアノ始めるのに遅いも早いもないよ!」「大人になってからでも十分上達しますよ」という答えをよく目にします。 私も同意見です。 ただ、どういう目標を持っているかで答えは変わってきます。 「戦場のメリークリスマス」が弾きたい、ショパンの素敵な曲を易しいアレンジしたものでもいいから弾きたい、とかこういう感じの曲だったら大丈夫! 要は、あまり速くなく、そう難しくない曲であれば全然弾けます。 で、弾けるんですけ ...

雑記

2020/7/2

よっちゃん

大学時代のソルフェージュという授業での話。 その先生はよっちゃん(男)と言いました。 よっちゃんは大学のソルフェージュの先生です。 よっちゃんはピアノ科の私たち全員に向かってこう言いました。 「あんたたちさぁ〜、卒業したらきっとピアノの先生になるんだよねぇ?」 「あんたたちさぁ〜、自分の子供の頃と同じだと思って子供教えちゃだめだからねぇ?」 「子供なんて◯◯なんだからねぇ?「大きい」「小さい」「はやい」「おそい」の4つしかわからないからねぇ?」 (*◯◯は控えます。) と言った言葉が今でも強烈に頭に残って ...

よくある質問

2020/7/3

ピアノの先生選び

「どんな先生についたらいいの?」 まず最初にお母様達が一番知りたい所だと思います。 お母様ご自身が以前ピアノを習ったとこある方だったら大体想像つくので、選ぶ基準がなんとなくできているかと思いますが、全く始めてピアノ教室に関わる場合何を基準にしてよいやらかなり悩みますよね。 私の意見はこうです 1.通うのに無理がない場所(ここ重要) 2.先生に一度お会いしてみる 3.発表会を一度見てみる 4.同じ教室に通っている生徒のお母さんに話を聞いてみる 1・通うのに無理がない場所 レッスンは毎週あります。何年も続きま ...

発表会

2020/6/25

発表会の記念写真について

Yahoo!知恵袋愛読者です。 この間面白い質問を見つけました。 「発表会は生徒の為のものなのに、なんで記念写真のど真ん中に先生がいるわけ?」 以前、まだ自分の生徒が少なくて他の先生と合同で発表会を行っていたとき、先輩先生が記念撮影の場面で「主役は生徒だから私達は端っこに立ちましょう」と言っていたので「なるほど、そういうもんか」と思いました。 自分の小さい頃は先生はいつもど真ん中で記念写真に映っていたので、逆に新鮮だと感じたのです。 なのででしゃばるよりは謙虚な方がなんとなくいいように思っていたのでずっと ...

よくある質問

2020/7/3

ピアノ独学者のメリットとデメリットとは?

前回の記事で「独学でもピアノは弾けるようになる」とは書きましたが、勿論デメリットがない訳ではありません。 独学でピアノを弾くメリットが 「お金がかからない」「自由な時間に自宅でピアノを学べる」 だとすると、デメリットはその真逆ということになります。 月謝は高いし、仕事で忙しいのにレッスン日なんて定期的に決めると時間的に厳しいのよね。先生選びはめんどくさいし、通うのだって大変!天気が悪かったらお出かけも億劫だし、寒かったら外にも出るのも嫌なのよね。 わかります、わかります。 私もこれで習い事やめたことありま ...

© 2021 ピアノ講師ぴちち先生の五感 Powered by AFFINGER5