雑記

ピアノを弾くには思い込みも大事

スポンサーリンク

こんにちは。ぴちちです。

他人から見たらバカみたいと思うような思い込みが、実はすごいパワーを発揮することってありますよね。

子供は思い込みの天才です。

男の子は棒をにぎらせたら、敵(草や木)と戦って世界を守るという任務に取り憑かれ、女の子は適当な生地を身体に巻いて「自分はどこぞのお姫様」と脳内では畳の部屋がお城になってたりします。

私もそうでした。

今回はそれがピアノにも生かされるというお話です。

4才児の思い込み

先日4才の男の子がエプロンをつけてきました。

「なにかお手伝いしたの?」と聞くと

「ピアノのー」
と言っています。

さっぱり意味がわかりませんが、小さい子供相手の時には質問やツッコミはしないようにしています。

なぜなら質問したところで、それについて明確な解答が得られることがほぼないことと、その解答に対してさらに質問することになったら失礼だからです。

お母さんに話をきくと、こどもチャレンジかなにかで、エプロンの付録がついていて、たまたまそれをつけたままピアノを弾いたらうまくいったもんだから

すごいエプロンだ!!

と、なったらしいです。なるほど。

それで「エプロンがピアノを弾く手伝いをした」ということで「ピアノのー」になったわけなのね。

そんなわけでテンションがあがっているので何をやってもうまくいきます。

きっとこんな気分なのでしょう。

「今日のオレはマント(エプロン)をつけているから何をやってもうまくいくはずだ!」と、自分を信じて取り組んでいます。

普段はしない、自らノートにまるを書いて線をひっぱって「ド」を上手に書きました。

「わー!今日すごくじょうず!1人でド書けたね!」
と、先生も盛り上げます。

さらに本人と私とお母さんの3人で拍手をしてさらに盛り上げます。

彼はおもむろにエプロンを引っ張りながらしげしげと眺めています。

「このエプロンすげえ・・・」って顔して。

そして私はこの機会を逃してなるものかと、急いでピアノに向かわせます。

「今日のオレはできる」と信じて疑ってないので、やる気も集中力も全然違います。

そうすると当たり前ですが、いつもよりできるんですよね。
自分自身で潜在能力を引き上げて、そうとは知らずに歓喜する。

完全に自分の手柄をエプロンの手柄にしちゃっています。

「本当は自分の持ってるチカラなんだよ」と、もう少し大きい子には言うかもしれませんが、この場合は空気を読んでもう「魔法のエプロンだ」くらいの勢いで乗っかります。

大人だって思い込もう

根拠のない思い込みというのは、ピアノを弾く上でとても大事な要素だと思っています。さらに言うなら、ピアノに限らずどんなことにでもいえるのではないかと。

現実はきびしいので、成長するにつれてこの思い込みはバカにされたり、叩かれたり、潰されたりして打ち砕かれることが多くなってきます。

しかし、

「オレは今ベートーヴェンと通じ合っている」
「シューマンの声が聞こえる」
「私はショパンの生まれ変わりなの」

と思っている人は実際存在します。割と身近に。

うさこ

「シューマンの声が聞こえた」って言ってたのはぴちち先生だよね

そして本当にそう思って努力するので、練習もするし、少しくらいのことではへこたれません。

だって、

ベートーヴェンと通じあえたら楽しいじゃないですか。

シューマンの声が聞こえたらもっと聞きたいと思うじゃないですか。

ショパンの生まれ変わりだと思っているならショパンは誰よりも素敵に弾けるはずだと思うじゃないですか。

ちょっと変ですかね・・・?

でもこういう思いってすごいパワーを出すのです。ピアノ練習は孤独な作業なので、自分自身を鼓舞する能力は絶対に必要です。

そして「人がどう思おうと自分はこうだ!」という気持ちが強い人の演奏は説得力もあるし、引き込まれます。

これ、ピアノに限らず自分を奮い立たせることができる人は皆こんな感じなのでは・・・?と勝手に思っています。

スポンサーリンク

-雑記
-, ,

© 2020 ピアノ講師ぴちち先生の五感 Powered by AFFINGER5