よくある質問

2020/9/20

ピアノ発表会に赤ちゃんを連れて行っても構いませんか?

ピアノの発表会に呼ばれたのですが、1歳児の赤ちゃんを連れて行っても迷惑にならないでしょうか? こんな趣旨の質問を見かけて、ホッコリしました。 今は発表会に出場する生徒さんでさえ、マナーが悪くて辟易している先生や保護者の方の話もよく聞きますので、お呼ばれした方がマナーについて気にかけるのは素敵なことです。 と、言っておいてなんですが 率直に答えるならば、演奏中に赤ちゃんの泣き声は迷惑になります。 すみやかに会場から出よう いつ泣き出すかわからない赤ちゃんを抱えたお母様は 「あ、泣き出しそう」 と思ったらすぐ ...

ReadMore

雑記

2020/8/30

ピアノを弾くには思い込みも大事

こんにちは。ぴちちです。 他人から見たらバカみたいと思うような思い込みが、実はすごいパワーを発揮することってありますよね。 子供は思い込みの天才です。 男の子は棒をにぎらせたら、敵(草や木)と戦って世界を守るという任務に取り憑かれ、女の子は適当な生地を身体に巻いて「自分はどこぞのお姫様」と脳内では畳の部屋がお城になってたりします。 私もそうでした。 今回はそれがピアノにも生かされるというお話です。 4才児の思い込み 先日4才の男の子がエプロンをつけてきました。 「なにかお手伝いしたの?」と聞くと 「ピアノ ...

ReadMore

よくある質問

2020/8/29

ピアノの先生に演奏を要求するのは失礼なこと?

こんにちは。ぴちちです。 私はレッスンを受けている側の方の気持ちを知りたくて、よくピアノのブログを読んでいます。 私のようにフリーでひとりぼっちで仕事をしている人間には他の情報が入ってこないのでとてもありがたいです。 先生は模範演奏をしてくれるものなのか ある大人でピアノを習っていらっしゃる方のブログの記事にこのようなことが書いてありました。 次の新しい曲がどんなのかわからなくて、先生のお手本を聴いてみたいという気持ちから、先生に「弾いてみてもらえませんか?」とお願いしたら「演奏家としてプロでやっている先 ...

ReadMore

ピアノのテクニック

2020/8/25

【ピアノ】弾く練習をせずに演奏をレベルアップさせるコツ

ときどき人の演奏聴いていてこう思うことはありませんか? 「すごく難しい曲弾いてるわけじゃないのになんか素敵だな?」「指がバリバリ動いて上手い、ってのとはなんか違うけど印象に残るピアノだな?」とか。 大抵こういう演奏する子は「感性が優れているから」と言われることが多く、実際そのとおりだったりするのですが、じゃあ何が具体的に違うのかというと、わかりやすいところでいうと「間のとり方」だったりします。 「間」は弾くわけじゃないのに、演奏効果がアップするので、素晴らしいテクニックの1つだと思っています。弾かないのに ...

ReadMore

伴奏

2020/8/23

【ピアノ】合唱の伴奏法

伴奏法といっても本格的なものではなく、 「あまりピアノ得意じゃないのに伴奏することになっちゃって困っています」 くらいの方に向けての記事です。 「伴奏者賞ねらっています」とか「伴奏で合唱を導けるくらい素晴らしい伴奏をするにはどうしたら?」とかそういう方向けではありません。 学校祭が近くなると中学生・高校生の伴奏レッスンで賑わいます。 ピアノ弾ける人があまりいないクラスで無理矢理伴奏を引き受ける事になってしまい、いやな思い、辛い思いをしている方もいるでしょう。過去にそういう経験があった人も少なくないはず。 ...

ReadMore

おすすめ記事

© 2020 ピアノ講師ぴちち先生の五感 Powered by AFFINGER5